美容、整形、美顔器のお役たちサイト

 
クレンジング

クレンジングの重要性

クレンジングは本当に必要なのか?と、中には思ってらっしゃる方もいるのではないかと思います。それぞれに一長一短あるクレンジング製品ですが、一方で「石鹸のダブル洗顔でクレンジングは十分じゃないの?」という感じている方も多いのではないかと思います。ですが、やはりメイク用品に使用されている油分を落とすには、油分をふくんだクレンジング剤が最も効率的と言えます。石鹸のみで落とそうとすると、ゴシゴシと強くこすってしまうケースもあるため、「クレンジング剤を使った方が、お肌への負担を軽減できる」と言えます。
また、たとえノーメイクであったとしても、お顔には油分による汚れが付着してしまうものです。そして油は非常に酸化しやすいものなので、いつまでもお肌に油分を残しておいては、アンチエイジングの観点から言っても望ましいとは言えません。スキンケアを行う前には、丁寧かつ適切なクレンジングが重要となります。お顔から汚れを綺麗に取り去り、明日への英気を養わせる土台作りに最も適していると言えるでしょう。

肌を若々しく保つ栄養素が配合された美容クリームを販売!これ1本でぷるぷるお肌になります!

クレンジングの種類

クレンジング用品を大きく分けると、「クリーム」「ミルク」「オイル」の3種類があります。それぞれの長所と欠点をまとめると、クレンジングクリームは最も「固い」感じのテクスチャでベタベタ感が強いのため、避ける人も多くいますが、3種類の中では最も高い保湿効果を持っています。次にクレンジングミルクは、するすると滑らかにマッサージできる点はオイルに最も近く、オイルよりも保湿効果が十分期待できます。最後にクレンジングオイルは、マッサージを行う際の抵抗が少なく滑らかな指触りで、油性の化粧品を落とす効果はとても高いです。クレンジングオイルに人気なのがオリーブオイルです。洗顔後の保湿力が全然違います。しかし、こすりすぎると肌荒れすることもあるため、注意が必要です。その他には、ミルクをさらに軽くしたようなテクスチャの、クレンジングジェルもあります。

クレンジング方法

水と油、という言葉がありますが、油分に親和性があるのは同じ仲間である油分のため、クレンジング剤は一般的にオイル成分を含んでいます。そのため、油同士をうまく混ぜ合わせることが、メイク成分を効率よく除去するということになるのです。そのためには、クレンジング剤をいったん人肌に温める必要性があります。これにより、油分を含む汚れが浮き上がりやすくなるのです。また、クレンジング剤がお肌の上でなめらかに滑るようにもなり、お肌に負担をかけることがありません。
クレンジング剤をよく温めたら、お顔の中で最も油分が残りやすいTゾーンから、顔の外側に向けて伸ばしていきます。小鼻は特に念入りにクレンジングが必要です。ただし、全体的にゴシゴシとこすらず、「軽く、優しく、ソフトに」を意識して下さい。目のまわりなどのデリケートゾーンは、最も力の入りにくい指である薬指を使うと上手に洗えます。最後に、クレンジング剤を残さずしっかりと落としてクレンジングの終了となります。

ダブル洗顔の必要性

クリームやオイルのように、ベタつくテクスチャのクレンジング剤の使用後は、どうしても石鹸洗顔でサッパリしたいものです。ですが、特にクリームの場合は、保湿成分が含まれているため、それをダブル洗顔で落としてしまってはちょっともったいない感じがします。お肌の乾燥が気になっている方は、水やローションをコットンに染みこませて拭く、ぬるま湯でクレンジング剤を流す、といった程度がいいでしょう。
また、もうひとつ注意したいのが水質です。ヨーロッパなどで、クレンジングミルクを化粧水でふき取る手法が主流なのは、水質が悪いためです。水質が気になる建物で洗顔しなければならない時などは、洗い流すタイプの石鹸洗顔は避けた方がお肌にも負担をかけずにすむと言えます。

recommend

名古屋のスピリチュアル占い
http://www.starseed777.jp/
エクステ 大阪
http://hair-exte.net/
東京のケータリングなら
http://www.c-tokyo.com/
害虫駆除を簡単にする
http://www.kaiteki-club.net/

2016/3/24 更新